簡単な分別で、プラごみが半減!

年末のテレビ番組で、「年末年始のごみをどうするか?」というコーナーがありました。年始のごみ回収の日、やっとごみ出しができてほっとした方も多いのではないでしょうか。

横須賀市の容器・包装・プラスチックの回収は週1回。プラスチックごみってかなり多い割に回収が少なくて、年末年始に限らず、回収日が待ち遠しくありませんか?

うちでは、ちょっと前まで20リットルの袋2袋分のプラごみが出ていました。プラごみのゴミ箱はうちには1つしかなく、1枚目のごみ袋がいっぱいになると回収日までごみの入ったごみ袋をその辺に置いておくしかなく、なんともモヤモヤしておりました。

うちのメインのごみ箱。無印良品のものです。下の段がプラごみ入れ。

しかし、【食品トレーを洗って分別】しただけで、プラごみのかさが激減!20リットルの袋1つまでに収められるようになりました!!ヽ(;▽;)

分別した食品トレーは、洗って乾かした後、エコバッグや紙袋に入れておいて、買い物のついでにスーパーのトレーの店頭の回収ボックスに入れます。私のよく行くスーパーは、どこもトレーの回収ボックスが設置されています。

週1回はスーパーに行くので、そのタイミングでトレーを持っていけばOK!私は2週間に1回くらいの頻度で持っていきます。トレー回収箱は動線上にあるので、必要な作業は、トレーの入っている袋をひっくり返して回収に入れるだけ。5秒とかかりません。

これで「ごみ袋もやもや問題」が解消できるなら、やらない手はありません‼️

食品トレーの店頭回収って昔から行われていますよね。もちろん存在は知っていたのですが、容器包装プラスチックって、リサイクルマークが付いているので、「リサイクルに回ってるんだから使っても大丈夫!」と思い、あまり分別に意義を見出せておりませんでした。

店頭に持っていくのも面倒だな…と思っており。

あと、なんとなく、プラスチックごみの行先って、「再生プラスチック」として、新しいプラスチック製品になると思っていたのです。

でも、ちゃんと調べてみたら、横須賀市の容器包装プラスチックのごみって、エネルギーとして回収されているのがほとんどで、再生プラスチックにはなっていないんですね。

トレーの店頭回収は、再生トレーの原料になるんです。「エフピコ」さんという、食品トレーのリーディングカンパニーが行っています。まさに、「混ぜればごみ、分ければ資源」ですね!

なお、リサイクル資源として回収されているごみの行先は、自治体によって違うようです。私はこちらのサイトで調べてみました。1年間に自治体で出るごみの量も掲載されていますよ!

https://www.jcpra.or.jp/Portals/0/resource/special/mytown/index.php?jis_id=14201

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です